Hi, I'm
Toniko Kanashiro

現代具象芸術家

toniko kanashiro さんは、埼玉県を拠点とする日系フィリピン人で独学で描くアーティストです。 彼女はフィリピンで生まれ育ち、1998年に来日。彼女は5歳のころに文字を書き始める前に先に絵を書いていました。 彼女は、キオスクを運営している多忙な叔母と数年一緒に住んでいて、彼女はタバコの裏紙に顔を描いたりして自分を楽しませていた。 こうして彼女の絵を描くことへの愛情が始まった。 彼女の子供時代を通して、kanashiroは、民間伝承やニンフと魔法の世界の存在についての物語などを聴くのが好きだった。 海のそばに住んでいたこともあり、日々海で泳いだり、マーメイドを信じていたり、貝集めが日常でした。 彼女は、おとぎ話や牧歌的な庭園の神秘的な存在に魅了されました。 これらのファンタジー要素は彼女の絵画によく反映されており、彼女の現代的な具象スタイルは巨匠 (グスタフ・クリムト、アルフォンス・ミュシャ、サンドロ・ボッティチェリ等)の影響を大きく受けています。 kanashiro は30代になるまで色を使いませんでした。 YouTube のアーティストを見て、アクリル絵の具や色鉛筆などの画材を試してみるよう勧められました。 それ以来、彼女はそれらを使うのが大好きです。 kanashiroは、家族を養うために会社員として20年間フルで働いていました。 しかし、だからと言って絵を描くのをやめませんでした。 週末を使って絵を描いたり、東京、千葉、群馬、埼玉県で参加できるグループ展示会に参加したりしていました。 彼女は2006年に千葉県で自身初のソロ展示会を行い、2015年にも埼玉県でもう一度ソロ展示会がありました。 彼女は最初のインディーズ T シャツ ブランド「LEXSHA REPUBLIKA」を2014年に立ち上げ、2022年に再開させました。 kanashiroは2022年12月に東京でのランウェイショーでMUSA FABRIC のファブリックデザイナーとして注目されました 彼女は2020年末に手描きのバッグのビジネスを立ち上げました。 彼女はついに夢の仕事を実現させ、フルタイムのアーティストとして働くことができるようになってから早 3 年が経ちました。